医者

安心して妊活するために|病院で不妊治療を受けよう

何を基準に選ぶか

医者

大阪で婦人科を選ぶ際のポイントは、初めて受診される方や異性の医師が気になる方は、女性の医師の医院を選ぶといいでしょう。女性の医院は受診者が多く、混雑していることも多いので、その点は、注意が必要です。また、出産を前提に受診される方は、転院する必要がありますので、転院したい病院などを調べておきましょう。

View Detail

多様なタイプがある

ナース

大阪は大都市のため地方に比べて産婦人科もかなりの数があるが、基本的に数が足りないので出産予約は早めにすませるとよいでしょう。大学病院や個人病院、独特の出産方法がある施設などバラエティー豊かな病院があるのも特徴です。

View Detail

確実で安全なダイエット法

レディ

婦人科では女性向けのダイエット外来に対応している場合もあり、大阪は対応クリニックが多いと言えます。肥満は生活習慣病や生活リズムの乱れを招くため、早期のうちに解消したいものです。ダイエット外来を利用すれば、リバウンドなしに健康的に痩せることができます。

View Detail

子供を授かるために

看護師

体質改善と制度利用

不妊治療をするために病院に通っている人は、早く子供を授かりたいと思っている人なので、治療と並行して体質改善を行うと良いです。例えば、冷えを感じている人は運動をして体を温めたり、偏食の人は食生活を見直してみましょう。こうすることで、妊娠しやすい体質になり、病院で行う不妊治療にも効果的といえます。また、高額な治療費には医療費控除を受けたり、自治体が行っている不妊治療費の助成を利用するとよいです。助成の利用は、自治体により対象者や助成金額が異なりますので、事前に確認しましょう。また、助成の申請には期間が定められており、提出期限が厳しく、期限を過ぎてしまうと申請できなくなってしまいます。提出する書類もいくつかあり、病院に書いてもらう書類もあるので、早めに行動するようにしましょう。

仕事との両立

現在の日本では、不妊治療を行う人が増えており、不妊治療によって生まれてくる子供も年々増加傾向にあります。このような傾向もあり、不妊治療を受けられる病院が増え、地方でも高度な治療が受けられるようになりました。また、不妊治療の内容によっては、頻繁に病院に通わなければならない場合もあり、働いている女性にとっては仕事との調整が難しい場合もあります。予定外に病院に行かなければならない日もあり、スケジュールが立てにくい場合もあります。しかし、最近は不妊治療に対する、周りの理解も得られるようになってきており、仕事をしながら不妊治療を行う人も増えています。上司や同僚の理解や助けもあり、不妊治療のために仕事を休みやすくなり、治療に専念できる環境ができつつあります。